商売力開発ブログ

非エンジニアがWebサービスの開発、運営によって商売力をつける記録、その他の雑記

メール検証でACMの証明書の更新を行う

【スポンサーリンク】

「Action Required - Your certificate renewal」という件名のメールがAWSから来ていました。ここではACMのメール検証での証明書の更新方法を紹介します。

ACMの証明書の更新

AWSのACMで証明書を発行していたのですが、メール検証で確認を行っていた場合、期限が近付くと「Action Required - Your certificate renewal」というタイトルのメールが送付されてきました。
この本文では、以下のメールアドレス宛に証明書の更新用のメールを送付したとありました。
postmaster@"DomainName", webmaster@"DomainName", administrator@"DomainName", admin@"DomainName", hostmaster@"DomainName"
確認してみると「Certificate renewal for "Domain Name" requires approval」というメールが来ていましたので、対応して証明書の更新を行います。

ちなみにそれ以前に「Impact of Changes to WHOIS on AWS Certificate Manager (ACM) Email Validation 」というタイトルのメールが来ていて、メール検証ではなくドメイン検証にするように促されてましたが、特に対応していなかったのでメール検証での手順が自動で案内されたようです。

手順

まずはACMの画面で状態を確認します。詳細までみると検証状態が「検証保留中」となっていることが確認できます。メール検証を行い、こちらを更新していく作業を行っていきます。

「Certificate renewal for "Domain Name" requires approval」のタイトルのメールから、リンクをクリックします。

リンクから表示された画面の「I Approve」のボタンを押します。

「Success!」と表示される画面になれば成功です。

ACMの画面で状態を確認すると、検証状態が「成功」となっています。ただ詳細の部分は「検証保留中」のままになっています。

しばらくすると詳細の内容も更新されます。リクエスト日、発効日が更新されるとともに更新ステータスが「成功」となっているのを確認できます。

以上でACMのメール検証での証明書の更新作業は完了です。

まとめ

今回はメール検証でのACMの証明書の更新方法の紹介でした。

以上

【スポンサーリンク】