商売力開発ブログ

非エンジニアがWebサービスの開発、運営によって商売力をつける記録、その他の雑記

Google検索からのアクセスがここ1ヶ月で大幅に減少している

【スポンサーリンク】

今回はブログのGoogle検索からのアクセス数が、ここ1ヶ月で大幅に減少しているのでSearch Consoleでどのようになっているかを確認します。

ブログのアクセス数の減少

ブログのアクセス数がここ1ヶ月で減少していたので、調査してみました。だいたい平日だと1日100アクセス以上あったのが、100アクセスもいかなくなりました。

そこでSearch ConsoleでGoogle検索からのアクセス状況を確認してみると、以下のようになっていました。

2019/03/16あたりから、Google検索結果の表示回数もクリック数も減少しているのがわかります。この時期に特に何か設定変更などはしていません。
またインデックスの状況を確認してみました。こちらはおかしな状況にはなっておらず、インデックスの状態が原因ではないようです。

アクセス数が高いページの状況をSearch Consoleで確認する

特にアクセス数の多いページでのSearch Consoleを確認してみます。クリック数のトップ3で全体の50%のクリック数、30%の検索表示回数となっていました。

一番目にクリック数の多いページは以下のようになっています。明らかに2019/03/16あたりから表示回数が減少していて、合わせてクリック数も減少しています。

こちらのページで関係がありそうなのは2018/03/13に作成していることです。一番アクセス数が多いページ(クリック数、表示回数は約20%を占める)が作成されてからちょうど一年経過したあたりから、検索の表示回数が明らかに減少しています。
Googleの検索結果の表示ルールは不明ですが、ページの公開からの経過期間は考慮される仕組みになっていると想像できるので、この一年という期間を一つのきっかけにしているのかもしれません。

二番目にクリック数の多いページは以下のようになっています。微妙ではありますが、2019/03/16あたりから徐々に表示回数が減少しています。

こちらのページの作成は2018/05/10です。

三番目にクリック数の多いページは以下のようになっています。明らかに2019/03/16あたりから表示回数が極端に減少しています。

こちらのページの作成は2018/06/10です。

二番目と三番目のページは作成から一年経過しているわけじゃないですが、2019/03/16あたりから表示回数が減少しています。三番目のページのように極端な減少を見ると、経過期間なのか、あるいはそれ以外の複合的な要因で表示回数は大きく減少することがあるようです。Google検索からクリックされるようなページを継続して作成しないと、表示回数に影響が出ることが改めてわかりました。

まとめ

今回はGoogle検索からのアクセス数の減少の原因を、Search Consoleの状態からの推察でした。

以上

【スポンサーリンク】